2037

【陸マイラー】ハピタスポイントをANAマイルに交換する4つの手順

ハピタスポイントをANAマイルに交換する4つの手順

ハピタスでもらったポイントを、ソラチカカードを使って、81%の交換率でANAマイルにするまで交換する手順を7つに分けて解説します。

ハピタスポイントをANAマイルにするまでの交換手順を解説

ポイントをゲットしたら、ソラチカカードを使ってポイント中継サイトを経由してポイントをANAマイルに交換してみましょう。

失敗しないように、交換レートや最低交換ポイントを掲載して、画像付きで移行手順を解説します。

下記は、老舗ポイントサイトのハピタス→ANAマイルにするまでの経由サイト、交換レート、最低ポイント数、交換単位、交換率、ポイント失効日、交換完了日、最適交換日のまとめ表です。

1. ハピタス→Gポイント

ハピタスからGポイント

項目ハピタス→Gポイント
交換レート300pt→300ポイント
最低交換ポイント300pt
交換単位
交換率100%
交換完了日交換申請の翌日より3営業日以内
ポイント失効日12ヶ月間 ログインなし→アカウントが失効
最適交換日(毎月)25日

毎月5日にハピタス→Gポイントへのポイント移行を済ませましょう!

マイペー

ホームからマイページ。

ポイント交換

ポイント交換をタップします。

Gポイントギフト

Gポイントギフトをタップ。

ポイントを交換する

ポイントを交換するボタンを押しましょう。

認証

新規登録した際に設定したセキュリティを入力して認証。

25000

交換するポイント数を入力して、

入力内容を確認

入力内容を確認ボタンをタップしましょう。

ポイント交換申請入力確認

入力内容を確認したら、

ポイントを交換する

パスワードを入力して、ポイントを交換します。

申請が完了しました。ポイント交換の営業日をチェックしておきましょう。

マイペー ①

ホームに戻るとマイページに通知が届いているので見てみます。

メッセージ ①

メッセージをタップ。

ポイント交換受付

ポイント交換の受付完了メッセージが届いています。

【ハピタス】ポイント交換受付

交換ポイント数と手数料がかかれています。

exchange【ハピタス】ポイント交換受付

登録したメールアドレス宛にメールが届いています。

これにてハピタスからGポイントへの交換は完了です。

2. Gポイント→LINEポイント

GポイントからLINEポイント

項目Gポイント→LINEポイント
交換レート※100G→100LINEポイント
最低交換ポイント100G
交換単位100G
交換率※100%
交換完了日2~3日後
ポイント失効日交換、取得、利用した日より12ヶ月
最適交換日(毎月)5日

※GポイントからLINEポイントへの移行時に、手数料5%を取られますが、Gポイントを経由してお買い物をしたらマージンは戻ってきます。

ポイント交換

Gポイントへログインしたら交換アイコンをクリック。

LINEポイント

下へスクロールして、ポイントをつかうのLINEポイントをクリックします。

交換する

ポイント交換レートと交換単位や最少交換量を確認したら交換するを押します。

ログインする

Gポイントから会員IDとパスワードを求められるので入力してログインしましょう。

23000

23,000と入力して、

交換する

交換するをクリック。

Gポイントにポイントを残さずに移行したい場合は、23,800でもOKですが、最終的に移行した手数料の5%のポイントは、Gポイントを経由してショッピングすれば、手数料がバックされるので、お好きな方を選択しましょう。

確定する

移行ポイントを確認したら、確定するボタンをタップ。これにてGポイント→LINEポイントへの移行は終了です。

手数料対象外

また、実質手数料0円の対象外になっている場合でも、期間内にGポイントを介してショッピングすればフィーが戻ってきます。

筆者は、楽天市場やYahoo!ショッピングより、ビックカメラを利用しています。なぜなら、Gポイントを経由して、楽天市場でお買い物をしたときのポイント獲得時期目安は、商品発送後2~4ヶ月と少しばかり遅いのに対し、ビックカメラは1~2ヶ月の期間内にポイントが付与されるので安心して活用しています。

5日が締日だと思ってください。

この場合、15日(土日、祝日の場合は前倒し)まで移行を実施しないと、翌月に反映されないと思ってください。

3. LINEポイント→メトロポイント

LINEポイントから東京メトロポイント

項目LINEポイント→メトロポイント
交換レート100P→90メトロポイント
最低交換ポイント300P
交換単位300P、500P、1,000P
交換率90%
交換完了日翌月10日
ポイント失効日ポイント取得した日から180日間
最適交換日(毎月)10日

LINEポイント→To Me CARDへ交換します。

右上のフォルダアイコンをタップします。

LINEポイント

画面中央左から2番目に表示されているLINEポイントをタップします。

使う

ポイントすぐ下の使うを押します。

メトロポイント P300から

Pontaポイントの上に記述されているメトロポイントをタップしましょう。

※To Me CARDのお客様番号と氏名を入力したら、下へスクロールします。

P10,000

緑枠で緑色の文字で書かれているP10,000をタップ。2回目以降は番号と氏名は自動入力されています。

LINEポイントに交換しますか?の問いに、はいと答えましょう。

はい

確認画面が表示されるので、はいをタップ。

受け付けが完了しました。※に戻って繰り返しポイント交換を実行しましょう。

上記の10,000Pを一気に東京メトロへ交換する方法は最良ですが、

2019年5月まで900Pずつ交換していました。

メトロポイント

これを二十数回繰り返して、20,000ポイント以上を東京メトロポイントへ交換。交換が初めての方は、900Pずつ移行してみてみるのも手かもしれません。

4. メトロポイント→ANAマイル

東京メトロポイントからANAマイル

項目メトロポイント→ANAマイル
交換レート100メトロポイント→90マイル
最低交換ポイント100メトロポイント
交換単位100メトロポイント
交換率90%
交換完了日翌月5日以降
ポイント失効日最長2年間
最適交換日(毎月)10日

To Me CARD→ANAマイルへ交換しましょう。

会員専用サイト

To Me CARD「会員専用サイト」

To ME CARDの会員専用サイトはモバイル対応していないため、PCで撮影したスクリーンショットを使って記述します。

ログイン

上記のリンクからお客様番号(ソラチカカードの左下部に掲示されている番号)と確認番号(誕生日)を入力してログインしましょう。

メトロポイント移行申請

現在貯まっているメトロポイントを確認したら、メトロポイント移行申請をクリック。

ANAマイレージクラブ ANA

ANAマイレージクラブをタップします。

交換レートと移行メトロポイント数、ポイント交換下限~上限を確認。

移行メトロポイント数のフォームに「200」と打ち込み、入力内容を確認するボタンをタップします。

移行メトロポイント数とマイル換算、移行後のメトロポイント残高を確認して送信をクリックします。

現在利用できるメトロポイントを確認。ポイントが減少していたら、申込み成功です。

ANAマイルの反映

ANA

有効期限36ヶ月後の月末

メトロポイントをANAマイルに移行できたか確認してみよう!

連休明けなどにもよりますが、毎月5日に反映されます。マイルの有効期限はマイルを獲得した月から3年間なので、マイルでスカイコインを買ったり、特典航空券を購入しましょう!

ANAマイレージクラブ

上記のリンクをクリックしてANAマイレージクラブにログインします。

ソラチカカードのお客様番号とパスワードを入力してログインをクリック。

ANA VISA ワイドゴールドカードを所有していれば、そのお客様番号とパスワードを入力します。

ログインしたら右のマイル残高をタップしましょう。

マイル 504,000

メニュー左のマイルをクリック。

加算マイル

下にスクロールして、その月に取得した加算マイルを確認。しっかりと18,000ANAマイルが反映されています。

ポイント獲得→ポイント交換の作業を繰り返し、毎月18,000ANAマイル積み重ねると、1年間(12ヶ月)に216,000ANAマイルを貯めることができますね。

スマートフォンでは、ANA公式アプリの「ANAマイレージクラブ」や「ANAスマートフォン用アプリ」で、貯めたマイルを確認することができます。

ANA MILEAGE CLUB

ANAマイレージクラブ」は、ANAが運営するANA STOREの利用や獲得マイレージ・プレミアムポイント、期限を迎えるマイル、ANA SKY COINの確認ができたり、マイルをスカイコイン・特定の商品と交換できたり、ANAに関する様々なことに活用できます。

ANA アプリ

ANAスマートフォン用アプリ」は、国内・海外ツアーやレンタカー・ホテルの予約、国内線・国際線特典航空券の予約、国内線・国際線・国内外ツアーの予約確認、国際線チェックイン、空席照会や運行状況、キャンペーン、最新情報、所持マイルをチェックできます。

まとめ

順序ポイントサイト→ANAマイル毎月交換締日交換ポイント%
1ハピタス→Gポイント25日25,000P100%
2Gポイント→LINEポイント5日23,000P※100%※
3LINEポイント→東京メトロ10日20,700P =
900P x 23回
10,000Pでの
交換も可能
90%
4東京メトロ→ANAマイル10日18,000P90%
ANAマイル5日が交換完了日18,000ANAマイル

毎月のポイント交換締日がややこしいかもしれませんが、指定の締日にポイントサイトや中継サイトに訪問して、ポイント交換をすればなんの心配もありません。

また、各ポイントサイトに登録しているメールアドレスへ交換完了メールが受信し代、すぐに交換すれば締日を気にせずに、交換が実施できます。

交換カレンダーと交換ルート・コースを確認

ポイントサイトで獲得したポイントを、毎月5日と10日に交換することが重要です。カレンダーを確認してポイント移行を実施しましょう!

また、ANAマイルへのポイント交換ルート・コースもしっかりチェックして実践してみてください。

関連記事
陸マイラー専用月間ポイント交換用カレンダー
【陸マイラー】3つのポイントをANAマイルに交換する5つのルート・コース

コメント

タイトルとURLをコピーしました