1554

陸マイラー必見!毎月18,000ANAマイルを貯めるソラチカカードを徹底解説

毎月18,000ANAマイルを貯めるソラチカカードを解説

交通系IC(PASMO)一体型カードの「ソラチカカード」は、ANAマイルを毎月18,000ANAマイル貯める上で、陸マイラーにとって絶対に必要なクレジットカード。

本カードなしでは、ソラチカルート(ANAマイルを移行するコース)が完成せず、毎月数万ANAマイルを貯めることができません。

そこで本記事では、陸マイラーにとって本クレジットカードが必要な理由や特徴、デメリット、ソラチカカードとは一体なんの役目を果たしてくれるか、などを徹底解説します。

ソラチカカードの詳細

東京の地下には、空がある。

ソラチカカードのソラチカという名前の由来は、空(ANA:飛行機)と地下(東京メトロ:電車)という意味が込められています。

名称ソラチカカード
形態交通系IC(PASMO)一体型カード
国際ブランドJCB
カード発行会社JCB
年会費初年度無料
本会員:2,000円(税別)
PASMO機能あり
オートチャージ
機能
定期券搭載
PASMOデポジット無料
サービスETCカード/QUIC Pay/PiTaPa/プラスEX/
Apple Pay/ Google Pay(JCBのみ)
貯まるポイント決済時:0.1%(OkiDokiポイント)
乗車ポイント平日5ポイント/土日祝日15ポイント
ポイント移行
100メトロポイント =
90ANAマイル
100楽天スーパーポイント
100nanacoポイント
入会・継続時1,000マイル付与
搭乗ボーナスマイル10%
ANA航空券購入後、フライト100円=1.5マイル
付帯保険海外旅行傷害保険:最高1,000万円
携帯品損害:なし
国内航空傷害保険:最高1,000万円
ショッピングガード保険:
最高100万円(海外でのみ適用)
カード盗難保険:あり
家族カードあり(陸マイラーは不要)
死蔵カード or メインカード死蔵カード

一般のTo Me CARDと比較すると、2.5倍お得に乗車できるため、通勤で電車を良く使うサラリーマンや学校に行くために電車に乗る学生にはメリット大です。

コースの選択

申込の際は、下記の3つのコースを選択可能です。

ANAマルチポイントコースOki Dokiポイント
決済金額1,000円 = 1ポイント
マイル移行した場合のみ、年間5,000円(税別)
ANAマイル自動移行コース(10マイル)ANAマイレージクラブ
決済金額1,000円 = 1ポイント = 10マイル
年間5,000円
ANAマイル自動移行コース(5マイル)ANAマイレージクラブ
決済金額1,000円 = 1ポイント = 5マイル
無料

なお、ANAマイチポイントコースを選択された場合は、Oki Dokiポイント(通常獲得ポイント)からメトロポイントへの移行はできなくなりますが、後からでも変更はできます。

ソラチカカードは陸マイラーにとって死蔵カードなので、どのコースを選択しても問題ないですが、ANAマイル自動移行コース(5マイル)をチョイスするべき。マイルへの移行が自動かつ無料でできるからです。

ソラチカカードが陸マイラーにとって絶対的に必要な1つの理由

ソラチカカードなら、100ポイント→90マイルに。

なぜ、ANAマイラー(陸マイラー)にとって、ソラチカカードが必須条件なのか、たった一つの理由があります。

それは、

「ポイントサイトで獲得したポイントを、ソラチカカードを使い、東京メトロを経由で81%という高レートでANAマイルに移行できるから」

です。陸マイラーはこの手法を用いて、年間216,000ANAマイルを貯めることができます。これが最大のメリットですね。

「ポイントサイトってなに?」
「難しそう、大学生でも簡単に利用できる?」
「専業主婦だけど活用できる?」

ポイントサイトは、小学生でも簡単に理解できるシステムになっています。仕組みがわかったら、ポイントサイトに登録して案件をこなし、ポイントを獲得してみてください。

おすすめのポイントサイト3選と案件6つ 仕組みも解説
無料で登録できます!

ポイントサイトを理解してポイントを貯めたら、次はソラチカカードを使い、どうやってポイントをANAマイルに移行するのでしょうか。

LINEポイントルートを利用して、81%の交換率でポイントを移行することができます。陸マイラー初心者は、ポイント交換ルートを一読しましょう。

【陸マイラー】ハピタスポイントをANAマイルに交換する5つのルート・コース

移行コースを理解したら、交換手順に沿ってポイントを移行していきます。初心者の方でも簡単で、複雑な手順はほとんどありません。

【陸マイラー】ハピタスポイントをANAマイルに交換する4つの手順

ソラチカカードは死蔵カードとして扱ってもOK!

ANA CARD

ソラチカカードは、ANAマイルを貯めるために役立つ必須カード兼半永久的に保持する死蔵カードとして扱って問題ございません。

ポイントサイトのポイントをANAマイルに中継(移行)する最後のカードとして活用すべき。しかし、クレジットカードを発行したからには、クレジットカードヒストリーを積み重ねることが重要です。

支払いの強制はしませんが、できれば毎月単位で100円(コンビニのコーヒー一杯分程度)の決済をするべきクレジットカードでもあります。

家族カードは必要なし

家族会員1,080円(税込み)

家族カードは必要ありません。なぜなら、家族カードでは、ANAマイルを移行することができないクレジットカードだからです。

夫婦のどちらかが1枚のソラチカカードを持っていた場合、本カードを活用したLINEポイントルートで交換できるANAマイルはどう頑張っても18,000ANAマイル。

ソラチカカードを1人1枚持っていないと、単独でポイントをANAマイルに移行できず、夫婦で月に36,000ANAマイルを貯蓄することはできないのメリットなしです。

夫がソラチカカード1枚、妻に家族カードを持つことは、効率よくANAマイルを貯めることができません。

よって、夫婦でANAマイルを貯める場合は、家族カードは0枚、個人(夫と妻)のソラチカカードを2枚所有することがおすすめ。

そうすれば、年間最大432,000ANAマイルを貯めることができます。

ソラチカカードと陸マイラー的デメリット

交換業務を実施するだけで、81%の交換率を誇るソラチカカードのメリットは多数ありますが、カードや陸マイラーのデメリットも存在します。

ソラチカカードのデメリットは、

  1. 年会費がかかる
  2. カードブランドがJCBのみ

陸マイラー的なデメリットは、

  1. ANAマイルへの交換スピードが遅すぎる
  2. 毎月20,000メトロポイント(メトロポイント→ANAマイルの交換率は90%なので18,000ANAマイル分)の交換しかできない

上記以外にも、ANA VISAワイドゴールドカードで決済した場合の還元率と比較すると多少劣ります。

しかし、年間300万円以上決済した金額のみ1.648%になので現実的ではありません。

還元率
通常年間300万円以上
ソラチカカード※1%翌年から1.225%
ANA VISA ワイドゴールドカード1%特定の条件で1.648%

※ANAマイル自動移行コース(10マイル)を選択した場合

ソラチカカードのデメリット1 年会費がかかるが…

初年度年会費無料

ソラチカカードを発行する時は初年度無料ですが、維持するには、毎年2,000円(税抜き)の年会費を支払う必要があります。

初年度無料にする方法は、会員並びに会員と同時に申し込む家族会員(年会費:1,000円 税別)の人が対象です。

しかし、筆者は実質無料で本カードを所持できていると思っています。なぜなら、入会・カード更新時に1,000ANAマイルを自動で付与されるからです。

1,000ANAマイルを獲得するには、クレジットカードで10万円程度が必要なので、これはお得です。

ソラチカカードのデメリット2 カードブランドがJCBのみ

JCB

世界中でクレジットカードを使うなら、VISAかMasterCardのカードブランドが主流ですが、本カードブランドは選択肢にありません。

JCBは海外の有名な観光地で、決済時にJCBカードを使える可能性はありますが、地方での決済は意外と使えない場所が多いです。

陸マイラー的デメリット1 ANAマイルに交換するまで時間を要する

カレンダー

2019年7月26日にハピタスからGポイントへの交換ルートを開通したので、2ヶ月ほどでポイントの移行が完了します。

「毎月何日にポイントを移行すればよいかわからない!」

そんなときは、陸マイラー専用のカレンダーを見ましょう。

陸マイラー専用月間ポイント交換用カレンダー

5日、10日、25日にポイントサイトのポイントをチェックして交換すれば、慣れていなくても少ない労働でポイント移行が簡単にできます。

陸マイラー的デメリット3 毎月18,000ANAマイル = 毎年216,000ANAマイルまで

ANA 飛行機

毎月のポイント移行限度は18,000ANAマイルまで。なので、

18,000ANAマイル x 12ヶ月(1年間) = 216,000ANAマイル

が、上限なんですね。

「もっとANAマイルを貯めたい!」

と、思っている方に朗報!1ヶ月に18,000ANAマイル以上を貯める方法もあります。

1ヶ月18,000ANAマイル以上貯める方法

  1. 交換率70%だけど、福岡地区、佐賀地区、大分地区、熊本地区、宮崎地区、函館地区にある交換機が必要なnimocaルート
  2. 新しくカードを2枚発行しなければならない、交換率70%のみずほJQルート
  3. シンプルでわかりやすいけど、50%と低水準のTポイント、楽天ポイント、nanacoポイント

などのポイント移行ルートもあります。

多少のデメリットもありますが、LINEポイントルートがなくなってしまったら、必要になる可能性があるので頭の片隅にでも入れておきましょう。

他クレジットカードでは貯まりづらい

「クレジットカード決済でANAマイル貯まらないの?」

と、嘆く方がいらっしゃるかもしれませんが、結論から申し上げると、他クレカ決済で貯めることができますが、現実的ではないです。

クレカ決済で、1ヶ月18,000ANAマイルを貯めることは、100円1ANAマイルの還元率のカードだと、月に180万円分の決済(18,000 / 0.01 [1%] = 180万)が必要。

まず、上記のような決済額に到達するのは、専業主婦や大学生、サラリーマンには難しいです。中小企業の社長さんでも、ちょっと厳しい数字なのかとも思います。

そもそも、クレジットカード決済でANAマイルを貯める必要性はありません。

ポイントサイトで貯めたポイントを移行し、中継してマイルを貯めるので、メインカードでの活用は不要。

なので永久保持する死蔵カードなんですね!

ソラチカカードの発行方法

マイ友プログラム

下記の発行方法を参考にし、申し込みをしてカードが届くと、入会ボーナス1000マイル + マイ友プログラム500マイルの合計1,500ANAマイルがもらえるのでやっておいて失敗はしません。

登録用ページ

マイ友プログラム登録ページから、登録用ページへ進み、

  • 紹介者氏名 姓 サトウ
  • 紹介者氏名 名 ユウイチ
  • 紹介番号 00059408

と、入力しましょう。

ヤマダタロウの部分に、ご自身の氏名を入力してください。

入力内容を確認したら登録するボタンを押します。

登録が完了したら、次は、PASMOが付帯しているANAカードを申し込みましょう。

交通系IC一体型カード

交通系IC一体型カード

交通系IC一体型カードを選択します。

詳細・お申し込み

ボタンをタップして申し込みをします。

ソラチカカードの申し込みをしましょう。

同意のうえ、入力へ進む

同意して進みます。

個人情報を入力して申請してください。

カードが届くまで1週間前後かかります。

ソラチカカードが届いたら実施すること3つ

発行して自宅にソラチカカードが届いたら、最低限実施することを3つ掲載します。

1. MyJCBに登録

まずは、MyJCBに登録しましょう。MyJCBから、カード番号と有効期限を入力して同意して次へ進むボタンをクリックします。

  1. 申込んだ情報
  2. 利用するパスワード
  3. 秘密の合言葉

を入力して、入力内容確認へ進みましょう。

入力内容を確認したら、上記の内容で登録するボタンを押します。

これにてMyJCBの登録が終了です。次はMyJCBにログインしてみましょう。

ソラチカカードを利用して商品を購入した詳細金額や、リボ・分割払い、スキップ払いの設定、キャンペーンなど多岐に渡って知ることができます。

次に、MyJCBメニューから、

  1. ポイント・キャンペーン
  2. ポイントコース・移行レート変更

にて、申込時に選択したコースを変更することができますが、陸マイラー的にはしなくても大丈夫!先述しましたが、あくまで死蔵クレジットカードとして活用しましょう。

キャッシング枠の変更やショッピング利用可能枠増額、減額手続きなども設定する必要はありません。登録だけって感じですね。

2. To Me CARD「会員専用サイト」にログイン

東京メトロトップページ

上画像の画面右の水色のボタンで装飾されている「To Me CARD「会員専用サイト」」をクリックしてログインしましょう。

ToMeCARD 会員専用サイト

本サイトは、ANAマイルに交換するときの最終ルートに使います。

東京メトロにログインするときは、お客様番号(半角10桁)と確認番号(暗証番号)を求められます。

ソラチカカード

お客様番号はソラチカカードの左下部に示されている番号を記述。

確認番号は、ソラチカカードを申し込んだ際に入力した誕生日(月日)の数字になっています。

4桁の数字のみ認証されるシステムになっているので、誕生日の月または日に一桁の数字が入っている方は「0」を入力しましょう!

暗証番号の例です。

・1981年4月9日生まれ→0409
・1990年3月12日生まれ→0312
・1993年12月24日生まれ→1224

本システムの確認番号はログイン後に変更が可能です。自分の誕生日を第三者に知られてる身近な方がいる場合は、パスワードを変更した方が良いでしょう。

PASMOの設定

PASMOを持っている方を対象とした設定です。

メトロポイントPlus設定

メトロポイントPlus設定をクリックします。

PASMO裏面のPBから始まる英数字を入力して、入力内容を確認するボタンを押しましょう。

手続きが完了後、本PASMOを使って東京メトロの電車に乗車すると、メトロポイントが付与されます。

3. ANAマイレージクラブにログインしよう

ANA トップ

まずは、セキュリティ対策として、Webパスワードを設定しましょう!「Webパスワード」登録のご案内から登録してみてください。

「パスワードを設定していなくて、勝手にANAマイルを使われた!」なんてことがあってからでは取り返しのつかないことになります。

ANAマイレージクラブにログインしていないユーザーは必ず実施するようにしてください。

まとめ

  1. 初回無料・維持するには2,000円(税別)が必要
  2. メリットは入会・更新時に1,000ANAマイルが付与される
  3. 死蔵カードとして維持しても問題ないが、1ヶ月1回の低額決済を実施すべき
  4. 家族カードは要らない
  5. 申込時に「ANAマイル自動移行コース(5マイル)」を選択すると還元率0.5%(年額無料)
  6. ANAマイレージクラブカードの一種であるソラチカカードが届いたら、
    MyJCBに登録
    To Me CARD「会員専用サイト」にログイン
    ANAマイレージクラブにログイン

陸マイラーにとってのソラチカカードは、

「ANAマイルに移行するために必要で、ポイント移行の際に81%の高レートを維持することに役立ってくれる陸マイラー必須のクレジットカード」

ということがわかりましたね。

本記事を起点に、ポイントサイトを活用して、ANAマイルを貯める生活を味わい、貯まったANAマイルを使って旅行を楽しんでください。

マイ友の申請
マイ友プログラム登録ページ

ソラチカカードの申込
交通系IC一体型カード

関連記事
陸マイラー必須の「ANA VISAワイドゴールドカード」のメリット9選
ホテル系最強カード「SPGアメックス」のメリット・デメリット7選

コメント

タイトルとURLをコピーしました